Pages Navigation Menu

For Creative Communication

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムを垣間見た

Think the Earth アースコミュニケーター 12月のお茶会は
「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム(お試し版)」という
素敵な学びの場でした。

シンポジウム?
と思ってざっと検索してみても、日本語の情報はあまり出てきません。
アメリカ発、広まりたてのワークショップで、ファシリテーターも
現在は養成講座2期分、60名が活動されているとのこと。

素晴らしい編集の映像が詰まった2本のDVDを見ながら、
所々で問いを投げ掛け、1人で考える時間や、2人組のダイアローグ、
グループや全体での共有を通じて、
「根拠のない思い込み(dream=『幻想』と訳してもいいと思う)」を
どのように認識し、打ち砕いていくか、深く考える時間です。

自己紹介のパートでいきなり問われるのが
「世界で最大の問題だと感じていることは何?」。
参加者それぞれ、抱えている問題意識は違うのですが、
そこから出発して「つながり」に気づくことができます。
そして、問題認識から徐々に「どんな行動をするか」に問いが移っていく。

本編では、必ず映像の前に「考えるワーク」が入り、
答えを提示するのではなく、自ら問い、答えを考えることを促されます。

本来みっちり丸一日、7時間のプログラムであるところを、
ファシリテーター1期生の かくさん が所々ピックアップして
1時間半にまとめてくれました。正直、観足りません。(笑)

* * *

英語版のサイトにTrailer(予告編映像)がありました。
どんなシーンが出てくるか、だけを見ても、呼び起こされるものがあります。

Awakening the Dreamer Symposium Trailer from Pachamama Alliance on Vimeo.

シンポジウムの中で使う映像も全て英語なのですが、そちらは字幕と吹き替え付き。
日本版の伝道師・セブンジェネレーションズ榎本氏のボランティアだとか…

かくさんと、ファシリテーター2期生のマイクさんにお話を伺うと、
チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムのファシリテーター研修は
清里や伊豆の自然の中に4日間泊まり込みで、
やり方の【To Do】ではなく、ファシリテーターとしての在り方【To Be】を
じっくり学ぶ研修だということで、こちらも面白そう!
(シンポジウム自体は、この【To Be】の学びのごく一部に過ぎない、とも言えそう)

* * *

各地で、ファシリテーターの皆さんがシンポジウムを開いているようです。
12/13は、ギャザリングイベントが新宿で。

大人も子どもも、少人数でも大規模でも楽しめます。
ご興味のある方は、まずご参加をば。

+ セブン・ジェネレーションズ(日本での普及推進団体)
http://changethedreamsymposium.blogspot.com/

+ Awakening the Dreamer, Changing the Dream Symposium
http://awakeningthedreamer.org/

One Comment

  1. はじめまして、SVP東京パートナーの桑原です。

    先日は、SVP東京のトークセッションの記事を
    書いて頂き、ありがとうございました。

    今日からサービスグラントご入社ですね。
    おめでとうございます!

    実は私、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムの
    ファシリテーター、かつ、セブン・ジェネレーションズの
    スタッフでもあります。

    たまたま、「セブン・ジェネレーションズ」で
    検索していて、入谷さんのブログに遭遇して、
    あまりの偶然に驚きました。

    チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムも、
    ぜひ、1日バージョンにもご参加くださいませ!

コメントを残す