Pages Navigation Menu

For Creative Communication

書くことに没入する環境作り – Ommwriter+Evernote

毎日書くためには、書くモチベーションを喚起する環境作りが必要。
それは、お気に入りのノートに万年筆、カフェの組み合わせだったりするけれど、
MacやPCでも、集中して書けるツールが欲しいものですよね。

最近の大ヒット作は、Ommwriterです。

Ommwriter

Ommwriterの一番優れているところは、余白の取り方だと思います。
中央に文字エリア、外側に大きなホワイトスペース、右下に
雪原に立つ樹のワンポイント。これが全画面無地だったら、普通のエディタで済む。
練られたデザインだなあ。
BGMは何かしら別途流れていて、音楽はOFFにしていることが多いけれど、
キー音は何気に気持ち良いです。

+ vanilatte.orgさんの素敵なOmmwriterレビュー
http://vanillate.org/archives/704

* * *

同様のコンセプトで言及されることの多いWriteroomというアプリは、
背景色やフォントの選択が自由で、25ドル。
Ommwriterは、フォント固定(日本語は実質ヒラギノ明朝と角ゴの2種類)、
サイズ固定(12pt, 14pt, 16ptかな。個人的には9か10にしたい…)、
あとなぜか、EGBRIDGEでは変換候補が表示されないのが面倒だったりするけれど、
プリセットで十分な方にはちょうどいいアプリです。

会社では、Windowsマシンなので、WriteRoomの移植版とも言える
Dark room を使ってます(無料)。
こちらはフォント指定ができて、メイリオ9pt+黒地+文字色 橙 の組み合わせが最高。
これ単体で立ち上げていると、バッテリーの消費も非常に緩やか。
MTGの議事録一つでも、多いに書く気になります。

+ WriteRoomレビューの旗艦、おかゆMacBookAirさん
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-291.html

* * *

もう一方、以前からなかなか使いこなせていないEvernoteは、
自宅Mac・会社PC・iPhoneを同期させるメモとして使うと同時に、
Firefox Add-onのWeb Clipperをどんどん使って、
ブログに引用したい一文や、移動中にまとめて読みたいテキストを
キャプチャーしていく、という使い方に落ちついています。
移動中のメモや、日記の骨子を書きつけるのも、だいたいこれ。

Evernote

#左下に広告が見えるのは、けちって有償版にしていないからです。w
容量節約のため、画像は極力エバノを使わず、
テキスト+ソース元URLだけをとにかくキャプチャーしていきます。
写真は、iPhone + Flickrの連係を模索中。

タグの管理とかうまくできていけばいいんだけどなあ。

来月、奈良の3日間は、Macを置いていき、iPhoneだけで過ごすつもりなので、
学びの記録をどうつけるか、考えどころ。
Evernoteで済ませるか、Writeroomのアプリ版(¥600)を買うか…

コメントを残す