Pages Navigation Menu

For Creative Communication

[R+] MacPeopleから、UbuntuPeopleへの招待


MacPeople 2010年2月号の「特集3・オールドマックで快適Ubuntu」について書いてみたい。

長年の林檎教徒である父は、Ubuntuを知らなかった。オープンソースなOS・Linuxの一流派であるUbuntu(うぶんとぅ)は、Macと共通性のあるインターフェースを持ち、簡便にいろいろなアプリケーションを使えるパッケージである。2009年10月のメジャーバージョンアップ(本誌収録の最新版は Ubuntu 9.10 Karmic Koala )で、旧世代OSのPowerPCに最適化が進んだことで、今回特集に組み入れられ、「押し入れの奥にしまってある昔のマシンを、快適に使いませんか」という流れになっている。

* * *

Ubuntuのいいところは、全部オープンソースで揃っているところ。

・Firefoxでインターネット
・Thunderbirdでメール
・Sunbird/GoogleCalendarでスケジュール管理
・Rhythmboxで音楽
・GIMPで画像編集
・OpenOffice.orgでオフィス系の作業一式。

7ページの短い特集の中に、これらの基本環境が端的に紹介されており、ソフトウェアセンターからの簡単インストールで使い始められるようになっている。
(この簡単さについては、MuBlogというブログでも詳細な紹介記事がある)

そういえば、この構成は、しばらく前に車内広告で見かけた、シャープのネットブック “NetWalker”の基本構成だったりする。”Windows”という枠を離れても、何もかもオープンソース(フリー)でほとんど用足りてしまう時代であることのリアリティが、改めて感じられる。

* * *

この特集を活用して面白いのは、スケルトンのiMacや昔のPowerBookを持ってる人だろうか。もちろん、普通のIntelMacで、BootCampでパーティションを切れば、普通に使えるようだ。用途は、子どもの教育用とか、別室に据え付けてがーっと書き物をしたいときとか、メインで使うモバイル端末の母艦にするとか、いろいろ考えられる。

UNIX好きな人には、あらためてUbuntuの世界に足を踏み入れるきっかけをくれる。そうでない人も、オープンソースの世界に、少し足を踏み入れてみるだけでも面白い。

* * *

今号の3大特集、残り二つは「1・メールの新作法・新常識(Mail.appとGmailの小技いろいろ)」「2・Macが壊れる仕組み(トラブルシューティング)」となっており、Macライフの初心者が中級者にレベルアップするための小技集といったところ。

おまけ小冊子も充実している。PDFや画像閲覧に頻出する「プレビュー」の機能徹底解説では、トリミング、レタッチ、文字挿入など、けっこう編集系の作業ができることを教えてくれる。もう一冊の「マックのひみつ」は、ハードウェア側の要素技術の紹介。

MacFan誌(MYCOM社)に比べ、一段初級者寄りの感があるMacPeople誌(アスキー社)。ハードウェア・OS・アプリケーション・活用法など、いろいろな視点から、新しい世界を垣間見せてくれる。

※本エントリーは、小粒書評ブロガーのためのネットワーク【レビュープラス】に参加しています。

コメントを残す