Pages Navigation Menu

For Creative Communication

リーラボ市ケ谷雑感。+オーダーシート.pdf


読書朝食会 Reading-Lab(通称リーラボ)の市ケ谷版を
駅前のToTheHerbsでやるようになってから、1年ちょっと。
通算で、そろそろ20回目を迎えます。

都内11店舗の中で唯一モーニングをやっている市ケ谷店は、
「90番卓」と呼ばれる、半個室のような10人の空間があり、
そこを毎回予約して、使わせていただいています。
(最近はキャンセル率が減って10人を越えることがあるので
テーブル1つ追加して12人用にしてくれることもある)

ここで活躍しているのが、
オーダーシートです。
(※PDFでダウンロードできるようにしました。)


ToTheHerbsのモーニングはレストラン形式です。
(セルフじゃない、テーブル会計)
このオーダーシートを使う前は、開始前の注文に時間がかかるだけでなく
本の紹介中に、オーダーを確認しながら料理をとどけてもらうのが
進行上かなりの課題になっていました。

「(築地朝食会の)美崎さんがよく使ってる」と言って
あるときマレが使っていたのをいただき、
PowerPointでざっくり描いて、書き込んでもらうようにしました。

最初こそ、不慣れなフロアのスタッフの方とのやりとりも
ぎくしゃくしていましたが、ほぼ毎週のように使っていく中で、
少しずつシームレスなやり取りができるようになってきます。
最近は、忘れがちな紅茶の種類も確認するようにしているし、
(ダージリン or アールグレイ、ストレート/レモン/ミルク)
店員さんも、割り込まずに料理を置いてくれます。

* * *

お店とのコミュニケーションにそれほど
時間をかけているわけではありませんが、
オーダーシートの改訂を重ねたり(現在第3版!)
主催者=ホスト役として試行錯誤を重ねる中で、
よい関係が徐々にできてきていると感じます。

会計のとき、笑顔で「またお願いします!」と言ってもらえたり、
ある朝、いつもの席に案内したら、ばっちり
メニューとカトラリーがセットされていたり、
ちょっとしたやり取りの中で、感動することもあります。

四ツ谷のファミールや、武蔵小杉北口のスターバックスなど、
これから回を重ねていく新拠点でも、
市ケ谷での学びを活かして、より積極的に
お店の方とコミュニケーションをとることで、
いっそう心地よい場づくりをめざしていきます。
(でもやっぱり、違う場所で同じやり方はそう通用しない)

* * *

リーラボに参加してみたい!という方は、
mixiのリーラボコミュニティ(そろそろ2000人の大台に…)へ。

わたしがホストする会は、
1と8のつく平日に開催する「いちがやの日」、次回3/18。
4のつく平日に開催する「よつやの日」、次回3/24。
平日の通常版は、いずれも7時スタート、定員12名。
そして、これから隔週土曜AMでの継続開催をもくろむ、
武蔵小杉版は、たぶん次回3/27。
4月に入ってからは、絵本特集やhair salonでの開催など、
さらにいろいろな場づくりを試行錯誤していきます。

*Photo by Radioher : (cc) by-nc-nd, some rights reserved.
http://www.flickr.com/photos/proserpina_/101350718/sizes/m/

コメントを残す