Pages Navigation Menu

For Creative Communication

マーケティング&リサーチ特化のプロボノ・プログラム SAL #SA100

ETIC. とサービスグラントが共同で始める、社会起業家支援の新しい取り組み、ソーシャル・アジェンダ・ラボ。通称、SAL。そのSALで、現在「リサーチプロジェクト100」に参加するプロボノワーカー&学生を募集しています。
※募集説明会はこちら。

Enjoying the view from up high
Creative Commons License photo credit: kretyen

通常6ヶ月をかけて「制作」までやるサービスグラントの通常のプロジェクトに対し、SALでは3ヶ月で「マーケティングフェーズ」だけをやります。対象は、スタートアップ期の「社会起業家」。株式会社になる前段階であることも多いはず。

マーケティングのことを、ドラッカーは『非営利組織の経営』の中でこう説明しています。

マーケティングとは、まずマーケットを知ることである。マーケットリサーチである。次に、マーケット・セグメンテーションである。そして提供するサービスの受け手の側に立つことである。そのためには、何を、誰に、いつ売るかを知らなければならない。(上田惇生訳)

こうした事業の核となる部分を担う、SALアソシエイトの活動内容としては、以下の3点が挙げられています。

  1. 起業家に対するヒアリング
  2. 各ステークホルダーへのヒアリング
  3. インターネットをはじめとする各種情報を活用した市場調査および競合分析

これらを通じて、サポートする社会起業家の事業を、適切なマーケットに届けること。これを、週5時間×12週間、3人一組のプロボノ活動として無償提供するプログラムです。

SALの面白いところは、「スキル(専門性)を活用したボランティア」として語られるプロボノ活動の裾野が、コンサルタントやクリエイター以外の人にもグンと広がることです。マーケティングリサーチを本職とする人はもちろん、コミュニケーションを通じて相手のニーズを引き出すことに長けた営業の人、顕在化していない言葉を引き出すコーチやファシリテーターの方、とにかく体力とフットワーク勝負で動ける学生など、「卓越したコミュニケーション能力」を商売道具とする人々にも、活躍のチャンスが得られると思います。

起業家が持っている「種」を、リサーチを通じて頑丈な「幹」を持つプランに育て上げるのが、SALアソシエイトの醍醐味と言えそうです。マーケティングを試行錯誤で体験しながら学びたい方、ぜひ、まずはアソシエイト募集説明会に参加してみてください。

+ ソーシャル・アジェンダ・ラボ アソシエイト募集説明会
http://www.etic.or.jp/socialagenda/researchproject100/meeting.html

直近の開催日は6/15(火),17(木),25(金),26(土)、いずれも渋谷ETIC.です。

#ちなみに、敢えてETIC.の告知文とは違う説明の仕方をしています。実際の肌感覚は、ぜひ説明会でお話しするなかで、確かめてください。

コメントを残す