Pages Navigation Menu

For Creative Communication

サンフランシスコに行ってきます

明日から4泊6日の日程で、米国サンフランシスコ・Taproot Foundationに研修に行ってきます。2年ぶりの海外!

今回は先方の好意により、3泊はホームステイをさせてもらいます。ホストファミリーErinのプロフィールがLinkedInで確認できたので、いろいろな共通点が見つかります。ステイ先はサンフラン市内かと思いきや、車で40分(!)の森の中。ホストファザーChrisがメールに書いてくれた風景描写が見事です。

We are in a rural area on top of a mountain (650 meters altitude) in the middle of a forest. Right now, I can hear two owls hooting in the dark.
(標高650mの山の上にある森の中、二羽の梟の鳴き声が聞こえる)

こんなところで暮らしてきます。

本編は正味2日間の研修プログラムなのですが、教えてもらってばっかじゃ悪いので、「日本の話をしましょうか」という提案をしたところ、意外なリクエストが…

“Extra points” if you can do it Pecha Kucha style, Satoshi! We’re getting
excited about this presentation style, here in our Taproot office…
(「ぺちゃくちゃないと」のスタイルでやってよ、最近流行ってるから)

ということで、20 seconds x 20 slides の構成を2本準備中。1本はサービスグラントの1年を振り返る内容、もう1本はお楽しみ、ということで、greenz.jpとかTEDxTokyo yzとかを紹介してきます。このへんの打合せをメールで何往復かしたので、受け入れ担当RagnarとホストファミリーErinとは、行く前にだいぶ馴染んできた感があります。

研修では、Account Director(事務局の役割を担うボランティア)のしくみや、プロボノワーカーのスクリーニングを中心に、Taprootの先進的なノウハウをいろいろ学んできます。帰ってきたら、春までは仕組み作りに奔走することになりそうです。プロボノ関係興味のある方、報告をどうぞ楽しみに。

コメントを残す