Pages Navigation Menu

For Creative Communication

リーラボ市ヶ谷50回を振り返って

2010/12/21(火)、読書朝食会”Reading-Lab” いちがやの会通算50回を迎えました。

リーラボは「おすすめの本を1冊(以上)持ち寄り、順番に紹介する」という、非常にシンプルなスタイルを持つ読書会です。当初はビジネス書が多かったものの(今も渋谷など、場所・主催者によってはビジネス書主体になります)、いちがやはどんどんテーマの多様性が加速していき、絵本、漫画、料理本、写真集など、本当に色々登場して、飽きません。

参加者総数は233名、うち84名(36%)がリピーター。4回以上参加している「住人」が31名。

2009年3月31日を第1回とし、途中何ヶ月かブランクがありつつも、なんとなく続けてこれました。ありがたいことに、気に入って何回も来てくれる方も多い一方、必ず毎回新しい人が申し込んでくれます。最近は自己紹介の代わりに「チェックイン(いまの気持ちを端的に表現するワーク)」を入れて、いいモードで始められるようになりました。

会場としていつも使わせていただいている“TO THE HERBS”市ケ谷店は、チェーンの中で唯一朝営業をやっているお店。朝のスタッフさんもわりと頻繁に代わりながらも、うまくサーブをしていただいて助かっています。

せっかくなので夜も使ってみよう… ということで、50回記念の21日は、住人10人で「夜の部」をやりました。客層が全然違うことに驚きつつ、イタリアンのコースを一通り楽しんだ後は、再び本の紹介に(笑)。リーラボ仲間は本を手にすると堰を切ったように話し始める傾向があります。《2010年を終えるにあたり、最もオススメしたい本を1冊以上》というテーマで、コミック4冊組×2を持ち込んだ人がいたり、「ああ、この本紹介してましたね!」となったり、案外面白い一時になりました。

リーラボの趣旨は「本を通じて人生を豊かにする仲間が集う場」。特に「本を媒介にすれば、自己紹介にも雑談のネタにも困らない」というのは重要なポイントです。仕事や年齢は住人同士でも全然知らなかったりしますが(最近は名刺交換もあまりしません)、「○○の本を紹介していた○○さん」としてお互いを認知しているだけで、安心感は生まれてきますね。

「毎月1と8のつく平日」(1, 8, 18, 21, 28, 31)にほぼ毎回開催している「いちがやの会」は、2011年も、1/18(火)を皮切りに、粛々と開催を続けていく予定です。順調に行くと、2012年2月ごろ、3周年と同時に100回を迎えられそうです。現在参加者募集はmixiコミュニティでのみ行っています(通知はtwitterでも流しています)が、興味のある方は、ぜひご参加ください。

市ヶ谷リーラボで今年紹介した本

コメントを残す