Pages Navigation Menu

For Creative Communication

どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか

震災被災者を支援するための寄付先に迷ったので、どこに寄付したら、最終的にどこにお金が行くのか、少し調べてみました。
(諸々の数字は、特に記載のない限り、2011/3/17時点で公開ベースの数値です。本記事は原則としてウェブ上の公開情報に基づいています。更新するかもしれませんが、日を追って情報が古くなる可能性が高いので、参考程度にご覧ください。)
※3/19 22:00 NGO活動地域情報を更新、Global Givingとユニバの紹介を追記。
※3/28 8:00 JPFに関して大幅追記、RQの紹介を追記。

Please Donate For Japan Earthquake
Creative Commons License photo credit: sorarium

大口の窓口としての、日本赤十字社

「日本赤十字社(通称:赤十字、日赤)を通じて」という表記をよく見かけませんか?
グルーポンのマッチングギフト方式の寄付1.7億円や、ユニクロと柳井さんの14億円は、日本赤十字社を通じて、被災地に送られる「義援金」となります。
他にも、Yahoo(4億円拠出済み!)、mixi、GREE、はてな、ニフティ、DMM、ローソン、楽天銀行など、一般向けに募集されている義援金は、かなり多くのケースで、日本赤十字社に一旦集約する形になるようです。「寄付控除対象」であること、信頼性の担保された団体であること、加えて、被災者に直接支払われる「義援金」という形式などから、日赤が選ばれるのかもしれません。

さて、その赤十字に行ったお金はどうなるのか?
その使途は、「義援金配分委員会」なる組織が決めていくことになるそうです。

通常、義援金配分委員会の構成員は、学識経験者、被災者代表、義援金交付団体、福祉団体代表。そして、配分先は、「被災市町村」を通じ、被害の度合いに応じて「被災者(世帯)」に個別に振り込まれる枠組みになっているようです。今回は、「市町村」という自治体機能が失われているところもあり、配分結果については注意深く見守っていきたいです。

義援金の性格上、実際に被災者にお金が届くまでには時間がかかります。今回は特に被害地域が広範で、配分委員会の調整が難航しそう、とする産経の記事もあります。配分計画の進捗については、公式サイトの発表を待ちましょう。

参考1)中越沖地震の際の義援金配分委員会設置要綱

参考2)平成20年宮城内陸地震の際の配分結果。個人単位の単価が出ています。

赤十字本体の活動としては、60班を超える「救護班(医師1・看護師3・運転手1・事務管理要員2)」の派遣と、救援物資として9万枚を超える「毛布」の支給を行っています。これらの活動への支援は「事業資金寄付」を選ぶことでできますが、通常の「義援金募金」の行き先とは異なると思われるので、注意が必要です。

こうした「赤十字の先」については、私も赤十字の公式サイトをよく読むまで全然知らなかったので、寄付する際は知っておくとよいかと思います。

※3/20 18:20追記:なお、義援金の窓口は、赤十字の他に共同募金会(赤い羽根のところ)、NHK等複数の窓口があります。下記ページもご参照ください。
募金情報まとめ

現地で活躍する人道支援NGO

最も「現場」に近いかもしれない寄付先は、現地に入って活動している人道支援NGOです。海外の緊急人道支援で経験を積んでいる、有名なNGOが続々と現地入りし、初動の調査や支援物資の分配などに当たっています。

NGOは団体によって、拠点や主たる活動地域が異なっているようです。
Civic Force(ピースウィンズ・ジャパンの大西健丞氏が代表)は、気仙沼市を拠点に、陸前高田や大船渡でも炊き出しなどを行っています。
JENADRA Japanは、仙台市。避難所人口の多い宮城野区、若林区を中心に。ADRAは、東松島にも。
NICCO(日本国際民間協力会)は、名取市を拠点に、岩沼市・陸前高田市で、医療支援活動を実施。
シェア(国際保健協力市民の会)ロシナンテスも、名取市を拠点に。
AAR(難民を助ける会)は、仙台市・石巻市・山元町。
ワールド・ビジョン・ジャパンは、宮城県登米市・南三陸町。
シャンティ国際ボランティア会は、陸前高田市。(気仙沼・南三陸にも)
AMDA(アムダ)は、釜石市・大槌町。釜石にはCARE Internationalも入っています。
シャプラニールは、北茨城市。茨城への救援は数少ないです。

各団体の公式サイトを見れば、数日遅れで活動レポートがアップされています。現時点では上記以外にもかなりの数の団体・グループが現地に入っていると思いますが、上記の中でも、ピースウィンズ・CivicForce、JEN、NICCO、ADRA、AMDA、AARといったところは特に初動が速く、災害支援に特化した経験を積んでいるところが多くて、信頼が置けるところだと思います。

知人や家族の縁があったり、仕事の付き合いがあったりで、特定の地域に特に寄付をしたい…というときは、こうした活動地域を見ながら、最も近い地域で活動を行なっているNGOに寄付を行うのがよいかもしれません。それぞれの文脈に沿った寄付であればあるほど、寄付する側の動機付けになると思います。

主だったNGOのtwitterアカウントは、友人 @kasagohan がリストにまとめてくれています。
http://twitter.com/#!/list/kasagohan/relief-ngos-list

複数のNGOに振り分けを行う「基金」

3/15に立ち上がった、Think the Earth基金は、上記のような活動中のNGOへの寄付を、一旦Think the Earth事務局が取りまとめ、複数の団体に振り分けていくという枠組みです。

赤十字ほど大口の枠組みではなく、個別の団体を選ぶだけの理由はない、という方には、ぴったりの方法かもしれません。救援活動への直接的な支援をバランスよく行える点で、個人的にはThink the Earth基金を最も支持しています。投資信託と形式が似ていますね。

★3/18 12:00更新:Think the Earth基金は基金側の手数料なし(振込手数料のみ寄付者負担)で、全額寄付されます!(thanks to @thinktheearth)

また、複数団体が加盟するジャパン・プラットフォーム(JPF)も、枠組みとしては近いかもしれません。(注:以下JPFに関して、3/28加筆)

33団体が所属するJPFですが、特徴は「(均等)配分ではなく、審査を経た『助成』」としているところ。公式サイトに掲載されているレポートを見ると、「どの団体の、どの活動に、いくら」渡されているのか、明瞭に知ることができます。

非常に面白いことに、JPFの助成先のうち金額の多いところは、あまり名前の知られていない、ユニークなところが多くなっています。初動調査・対応フェーズで消化された1.2億円のうち、最大の約4200万円が助成されたのは、「BHNテレコム支援協議会」(情報通信の専門NGO)が遠野市で展開する通信インフラ整備事業(仮設型インターネットインフラシステム構築、ラジオ配布など)。BHNが活動する岩手県遠野市は、釜石市や陸前高田市の「後方支援基地」となる重要拠点で、そこの通信環境を先行整備するというのは、確かに非常に重要そうです。次に多いのは、「医療支援」の領域。南三陸町・志津川エリアで巡回診療などを行う、災害人道医療支援会(Huma)と、名取市を拠点に陸前高田市や小友町でも活動する日本国際民間協力会(NICCO)に、それぞれ2500万円前後が助成されています。

JPFへの寄付は、一部がJPF自体の事務管理費に当てられます。通常は法人寄付の10%、個人寄付の15%を上限としているところ、今回はそれより比率を下げるという記載があります。ただ、JPFのコーディネート機能(資金の適切な分配と審査・評価、活動地域のアレンジ、複数団体の活動報告の取りまとめ)は、活動に無駄をなくす上で極めて重要であり、その部分への支援も必要なものであると考えています。

JPFに集まった金額は、3/24時点で、18億円。初動段階で配分されたのはこのうち1割程度ですが、現地のフェーズの変化に合わせて、効果的に活用されることが期待されます。

その他の特徴的な寄付プラットフォーム

※3/19 22:00 本章追記。

外国からの寄付や、クレジットカード決済で支援金を届けたい場合、Global Givingの被災地支援プロジェクトをおすすめします。Global Givingの共同創設者の一人は、世界銀行出身の日本人。既に2万人以上の寄付者が、合計150万ドルを超える寄付を行っています(目標額は当初の80万ドルから200万ドルへ、そして今は400万ドルへと引き上げられています)。

※3/20 12:00追記:カード決済自体は、赤十字やJPFでも可能です。

最小単位25ドルから1,000ドルまで、キリのいい数字を選んで寄付できるのもポイント。クレジットカードやpaypal経由で簡単に決済ができます。
Global Givingの素晴らしいところは、既に2回分の資金拠出レポートを公開している点。Report(報告)のページによれば、2回目155万ドル(1ドル=81円換算で1.2億円)を拠出。支援先は、JPF本体が最大で、JPF加盟団体や、セーブ・ザ・チルドレン、Architecture for Humanity、International Medical Corps、Lifeline Energyなどが含まれています。

ガソリンを始め、粉ミルクや紙おむつなど、依然としてそもそもモノがない状況に問題意識を感じている方は、日本ユニバーサルデザイン研究機構(通称:ユニバ)への寄付を考えてみてください。ユニバへの寄付は、ガソリン、灯油、重油、軽油などの緊急物資調達に直接使われるとされています。ユニバはちよだプラットフォームを拠点に、個人からの救援物資の募集も行っています。(「生死を分けるアイテム」「枯渇しているアイテム」に限られます。詳細は最新のウェブサイトを参照ください)

ホールアース自然学校の広瀬敏通さんが率いるNPOエコツーリズムセンターでは、「RQ市民災害センター」を組織し、宮城県登米市を拠点に、物資配布などの活動をしています。RQ(公式twitterアカウント @rqcenter は、モンベル社の「アウトドア義援隊」と連携しつつ、現地ボランティアの派遣をしているとのこと。友人で元Think the Earthのナイスガイ、佐々木さん @mountak も写真付きのレポートを上げてくれています。RQでは東京本部事務局でもボランティアを募集しており、資金・物資面での協力以外にも、さまざまな参加の形がありそうです。

◎3/20 13:00追記:『ふるさと納税』の活用法について、Lifehacking.jpにいいまとめがありました!こちらも参考に。
ふるさと納税で災害復興支援ができるというのでまとめてみた|Lifehacking.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

以上、深掘りすればもっといろいろ出てきそうですが、今わかったところまで。
各団体の支援活動や政府の復興への取り組みについては、被害情報や原発の話で埋もれてしまいがちな中、少しアンテナの感度を高めて追いかけていきたいと思います。(引き続き、可能なかぎり更新していきます!)

60 Comments

  1. 大変参考になりました。ありがとうございます。
    同じ様に、この情報を必要としている方は多いと思います。
    小さなブログですが、私もリンクを貼らさせていただきました。

  2. 大変参考になりました。私の寄付は、出来れば子供たちの為に使って頂きたいのですが、ユニセフは過剰(?)分を海外の援助に振り分けるとか。国内の組織にしたいのですが、今まだ決めかねています。
    何とか役に立ちたいという思いでいっぱいです。

  3. JPF(ジャパン・プラットフォーム)に関してご質問です。
    外務省: ジャパン・プラットフォーム
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/renkei/japan_p.html
    外務省のページを見ると、支援先が国内ではなく海外になっているのですが、
    今回の東日本大震災の寄付先としては不適切ではないでしょうか?(震災に寄付したつもりでも海外へ使われる)
    また真偽の程は確認できていませんが、悪評もあるようです。
    【青森無視】ドラえもん募金がまたやった ピースウィンズの系列団体に2億円
    http://itainewssokuhou.seesaa.net/article/191763430.html

    このことに関して、なにかご存じでしたら情報を下さい。&サイトへの追記が必要かと思います。

  4. 難民を助ける会です。
    寄付先として紹介していただき、ありがとうございます。このような形で掲載していただけると大変助かります。当会では、岩手県でも支援活動を開始しました。
    皆さまからお預かりしたご寄付を出来るだけ早く支援物資として被災された方々に確実に届けられるようにスタッフ・ボランティア一同頑張っています。
    最新情報は、ぜひhttp://www.aarjapan.gr.jp/activity/report/emergency/をご覧ください。

  5. フランスから、被災地の子供達の役に立つような募金先を探しています。何か、情報がありましたら教えて下さい。
    今のところ、街中が協力してくれての募金活動をしています。
    でも、募金先がもちろん大切なので責任者として責任を持って調べているところです。
    私の希望は子供達へ必要な募金です。

  6. こんにちは。どこに寄付しようか考えていて、大変勉強になりました。
    私自身は、ここに乗っていない日本チェルノブイリ連帯基金というところに寄付することにしました。
    代表者のかまたみのる氏のブログを読んで非常にバランスの取れた考えでお金を有効に使ってくれそうだと思ったので
    http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/
    科学的でありながら、消費者の不安も考えながら風評被害を防ぎ、かつ日本経済を止めてはならないという考えのようです。
    以下、寄付先です
    JCFでは、東北関東大震災で被災し、さらに福島原発の周囲で二重三重の被害に遭っている地域を支援していきます。
    募金をいただける方は、こちらまでお願いいたします。

    郵便振替口座番号  00560-5-43020
    加入者名      日本チェルノブイリ連帯基金
    連絡欄      福島原発震災被災者支援寄付

    連絡欄に「福島原発震災被災者支援への寄付」であることを明記し
    てください。

    ネットや他銀行のATMから振り込む場合は以下の情報が必要です。

    他金融機関からの振り込用口座番号
    059(ゼロゴキュウ)店(059)当座 0043020

    JCFの電話番号は0263-46-4218

  7. 皆さま、コメントありがとうございます。全てにはお答え出来ませんが…
    かなり種類も増えてきています。本文・コメント欄ともに、最終的にはご自身の判断でお願いします。

    >#34 itochanさま
    Give Oneも、複数のNGOをまとめた基金系のパッケージ(6団体・均等配分)をもっていますね。

    >#39 Marikobookさま
    すみませんが、現時点では存じ上げません。「義援金が」「直接被災地で」という枠組みであれば、県に直接…という手もありますね。

    >#43 えすぷりさま
    日赤の義援金に関して、委員会の立ち上がりの時期は、公表を待つしかないですね…。

    >#46 yutaさま
    ジャパン・プラットフォームの加盟団体個々の活動状況と、配分金額については、JPFの公式サイトに随時更新をされていますので、公式サイトをご確認ください。
    http://www.japanplatform.org/top.html

    >#48 クードレイ恵理子さま
    海外からの寄付先としては、本文中にあるGlobalGivingはいかがでしょう?主な連携先のSave the Childrenはまさに子どもたちへの支援を重点としており、趣旨に沿うかと思います。

    日本国際交流センターも窓口を作ったようです。こちらは半分はGiveOneのNGOパッケージ、もう半分は未定ということです。
    http://www.jcie.org/earthquake

    >#49 yutovicさま
    日本チェルノブイリ連帯基金に関しては、長野県のサイトから収支報告が見られますので、検討材料にされるとよいかと思います。これまでの主な支出は【イラク支援事業費】【CIS事業費】と管理費が占めていますので、今後の使われ方については注視が必要かと…。
    http://npo.pref.nagano.lg.jp/

  8. そして日本ユニセフは、国際機関のUNISEFとは全くの別機関です。国際機関のUNISEFの日本支部とは関係ありません。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/日本ユニセフ協会

  9. 大阪には公益財団法人大阪コミュニティ財団という日本では少ない個人で基金をつくれる財団があります。
    (過去助成先には、ご紹介あった、ADRA Japan,シャンティ国際ボランティア会,シャプラニールがあります)

  10. 大阪には日本では少ない個人で基金をつくれるこんな財団もあります。
    (過去助成先には、ご紹介あった、ADRA Japan,シャンティ国際ボランティア会,シャプラニールがあります)

  11. 医療関連で前線で活動している団体があります。国際的にも有名な「国境なき医師団・日本」
    http://www.msf.or.jp/

  12. 「福島原発震災被災者支援への寄付」と書けば全額福島に、って思ったのですが、おっしゃるとおり、いままでのデータも参考にしたほうがいいですね。どうもありがとうございました。:)

  13. 「コペルニク」では「被災地支援プロジェクト」として被災地に不足している「灯」をお届けしております。
    皆様のご支援により、すでに「ソーラーランタン(太陽光で充電できるランタン)」を1600個お届けすることができました。
    そしてただ今、更なる支援PJとして「「聴覚障碍者」の方向けに「補聴器50セット(太陽光で充電可能な機器です、)」および「ソーラーランタン1000個」をお届けするPJ」を企画し、皆様からのご協力をお願いしております。
    皆様の心のこもった「灯☆」と「音♪」を被災地の方々へ届けましょう!!

    補聴器PJ
    http://kopernik.info/proposal/japan-emergency-project-solar-hearing-aids-tsunami-victims
    ランタンPJ
    http://www.thekopernik.org/proposal/japan-emergency-project-phase-3-give-lights-tsunami-victims-japan

  14. 分かりやすく丁寧な整理に感謝です。

    税制も含めたより専門的な解説がこちらにあります。
    http://blog.canpan.info/waki/

    寄付先についてですが、被災地支援をしている団体のネットワーク「東日本大震災支援全国ネットワーク」が寄付先のリストをまとめています。
    http://www.jpn-civil.net/support/contributions/post_2.html

  15. これも載せておかないとフェアじゃないと思うので、HPから引用しておきます。ちなみに私は日本ユニセフ協会とは何の関係もありません。念のため。

    「※「東日本大震災緊急募金」は、通常、開発途上国の子どもたちのためにお寄せいただくユニセフ募金の口座(会計)とは異なる、特別の口座(会計)で受付け・管理させていただいております。また、開発途上国を使途としたユニセフ緊急募金に適用される「必要資金を上回るご協力をいただいた場合には、ユニセフが実施する他国・地域での紛争・自然災害などによる緊急・復興支援に活用させていただくことがある」とするご案内を緊急募金告知に付記するというユニセフ本部の方針は、今回の東日本大震災緊急募金には適用しないことが、3月24日決定されました。多くのみなさまに、ご不信の念を抱かせてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。 」

  16. 地元の社会福祉協議会や、共同募金会が出ていませんね。災害救援に一定の経験のある日本財団も記述されていない。

    ○都道府県の義援金募集委員会=義援金配分委員会 (≒地元新聞社+地元TV局+県社会福祉協議会+県共同募金会+赤十字社県支部+都道府県)
    ○市町村の義援金(行政に直接入るのが通例) 分配を話あう組織体はあったりなかったり

    の2階建てです。

  17. 弊社はデンマーク企業であり、デンマーク人社長が売り上げの一部を寄付希望しており、特に子供向けの支援をしたいようなのですが、どちらが適当かお教えいただければありがたいです。

Trackbacks/Pingbacks

  1. 元気だしてゆこう - BliBlo - [...] ■「どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか」>● [...]
  2. 2011-03-22 のTweet « 切身魚/Kirimisakana - [...] The trustworthy donation target list(Japanese) http://irritantis.info/archives/652 # [...]
  3. NYメモ - 日本へ電池は送れるの?? 原発の状態は一向に良くならないけれど、 悪くなっていないのはせめてもの救い。。 命を顧みずがんばってくれている 作業員の人たちに本当に感謝です。 家族の人たちの気持ちを...
  4. いま私たちに出来ること « NPO法人パオッコ スタッフブログ - [...] 義援金については色々なところで募金活動が展開されていますね。 「どこに寄付をしたら、どこにお金がいくのか」をまとめているブログがあります。少し情報が古いですが、寄付をす [...]
  5. 震災支援についてメモ。 // kytk.org - [...] ングできる仕組みがやっぱり必要だな、と。 今回は、入谷くんの記事「どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか」が、まとめ記事として多大な役割を果たして素晴らしかったけど、 [...]
  6. オール電化、地デジアンテナ工事、壁掛けテレビの金具取付|埼玉県さいたま市エム・ケイ・エス - [...] ※3/22追加リンクどこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか多くの方に読まれている記事で参考となるかもしれないと思いリンクを張っておきます。 [...]
  7. Nice “Japan Earthquake” photos - [...] 【Donate List:募金先一覧】 Japanease www/nanapi.jp/24717/ どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか irritantis.info/archives/652 [...]

コメントを残す