Pages Navigation Menu

For Creative Communication

【告知】子どもの人権を考える NPO法人青い空の15周年シンポジウム


サービスグラントのプロボノチームがウェブ制作をお手伝いした、「NPO法人青い空 -子ども・人権・非暴力」が、15周年記念イベントとして、「私にもできる 今を生きる子どもたちに ~考えてみよう 子どもの人権~」と題したシンポジウムを開催します。2011年12月17日(土)13:00、場所は板橋大山・板橋区立文化会館です。

▼イベント詳細・申込みはこちら
http://www.npo-aoisora.net/15th-anniversary.html

「青い空」プロジェクトは、私がサービスグラント事務局に加わって最初に立ち上げた2010年度第2期で、はじめて審査・ローンチから納品まで通しで関与した、思い入れの深い案件です。大山の商店街を抜けた先にあるNPOの事務所でたびたび、夜遅くまでおにぎりをほおばりながらの打合せに同席しました。

子どもの暴力防止プログラム”CAP”といえば、全国区で展開されている人権啓発の教育プログラムで、知っている親御さんは多いかもしれません。青い空のサイトで『CAPワークショップ』のページを開くと、CAPのことがとても丁寧にまとまっています。”NO, GO, TELL”という3つのキーワードにも象徴されるように、子どもの暴力防止、権利擁護は、本当に大人と子ども、そして大人同士のコミュニケーションの問題であるということが、青い空のような活動団体の話を聞くとひしひしと感じられます。私はまだCAPワークショップを受けたことはありませんが(別のNPOのキックオフで即席ロールプレイを見たことはある)、ムスメが小学校に入ったら、ぜひ学んで欲しい/一緒に学びたいプログラムの一つです。

ところで、このイベントのシンポジストとして登場する、子どもの権利活動家で、今はセーブ・ザ・チルドレンにいる森田明彦先生は、私が高校生の頃からお世話になっていた人です。森田さんがユニセフにいた2000年の末に立ち上げられた”ユニセフ子どもネット“は、今はもう活動を停止していますが、当時高校2年生だった私が少しだけアドボカシーの世界をかじったり、東京のネットワーカー会議に静岡から出てきたりと、外に出て行くきっかけになった活動です。当時はYahoogroups全盛で、SNSの片鱗もなかった頃ですが、その時横浜や新潟や苫小牧に住んでいた仲間は、いまでも何人もつながっている不思議なネットワーク。そんなご縁もまた、つながっていたりします。子どもの権利に関心がある方は、ネットワーキングの機会としても、シンポジウムへのご参加を検討されてはいかがでしょうか。

イベント詳細・お申し込み

コメントを残す