Pages Navigation Menu

For Creative Communication

2012年春、京都へ。(&転職のご報告)

Arashiyama: Sakura & Togetsu-kyo - by jpellgen
2012年1月から、株式会社ロフトワークに合流することになりました。3月までは、渋谷道玄坂に。そして4月からは、家族で京都に引っ越し、2011年9月にできたばかりの新拠点・ロフトワーク烏丸で、クリエイティブディレクターとして活動していきます。

来春もう1歳になる娘の「保育園入園」という一大イベントを前に、ありがたいことに脱東京を実現することができました。しかも、念願の「Web屋」としての新しい本業です。

これまで、サービスグラント事務局として、プロボノでのWeb制作をバックアップする仕事をしてきた一方、「入谷文耕堂」として、個人的に小規模な制作を手がけてきました。その過程で、「やっぱり作る現場を本業にしたい」という実感がありました。ロフトワークでは、PMBOKの知識を基盤に、会社組織ならではの中規模・大規模制作、外部クリエイター・ネットワークの力を最大限引き出すプロジェクトに挑んでいきます。

さらに、Webディレクターとして案件に関わることに加えて、2012年は会社全体の「プロジェクトデザイン」にも関わっていきます。顧客やクリエイターを含むプロジェクト関係者の創造性を、どうすれば最も発揮することができるのか――。デジフォレ時代にマーケ部のWeb担当として勉強してきたWeb全般の知識と、1年半のサービスグラントで学んだプロジェクトマネジメントの基礎はもちろん、読書と課外活動を通じて学んできた、ファシリテーション、アジャイル開発、コミュニティマネジメントなど、Web制作に限らないさまざまな文脈を統合して、アウトプットしていく日々が続きそうです。このブログも、少し前に「ウェブとコンテンツとコミュニティをまじめに考えるブログ」としてプチリニューアルしましたが、2012年は幅広いテーマで、情報発信量を増やしていくつもりです。

20代最後の3年間を制作の現場で修行した先に何があるのかは、まだ全然わかりません。仮説としてのテーマの一つは、情報発信の質を左右する「コンテンツ」を軸とした「コンテンツ戦略(Content Strategy)」。めまぐるしく変化するWeb制作業界に身を置きながら、30代の自分をどうブランディングしていくか、試行錯誤のスピードを上げていく期間になりそうです。

◎最終面接に持っていったビジョンシートをSlideshareに上げておきました。

4月からの京都での住まいは、左京区高野近辺を予定。少し市中心部からは離れますが、京都にお越しの際は、ぜひご連絡ください。京都に軸足を置いたさまざまなコミュニティへの関与、コミュニティの形成も、とても楽しみなテーマです。

最後になりましたが、短い期間ながらサービスグラントでお世話になった皆さま、どうもありがとうございました。しばらくプロボノという文脈とは距離を置くことになりそうですが、「あなたにしかできない」スキルを生かした社会貢献は、重要なテーマであり続けると思います。Arashiyama: Sakura & Togetsu-kyo - by jpellgen

I’ll move to Kyoto city in this April, as a creative director at Loftwork Karasuma.

コメントを残す