Pages Navigation Menu

For Creative Communication

プラグマティックペルソナとアジャイルな契約:Agile Japan 2012 Tokyo Satellite

2012年3月16日、アジャイル開発関連のカンファレンス “Agile Japan 2012 Tokyo Satellite“に参加してきました。大阪を本会場とし、東京や名古屋、沖縄などで「サテライト版」が行われるという形式のイベントでした。午前中の基調講演はUstreamで皆で聴き、感想を共有しながら各地それぞれのプログラムが開催されていました。残念ながら仕事の都合がつかず、午後の後半2セッションのみの参加になってしまいましたが…。

参加したのは下記の2こまです。

◇リーンUX流「顧客発見」ワークショップ ~プラグマティック・ペルソナで顧客を見える化

◆小さく早くがモットー!小さな会社(組織)で、良いサービスを作るための開発スタイルとそれを支える技術

§ プラグマティックペルソナを短時間ワークで創る

中でも、最も期待していた、樽本徹也さんと「アジャイルUCD研究会」の面々がホストする『プラグマティックペルソナ』のワークショップは、非常に実践的なものでした。最近新刊を出された樽本さんは、アジャイルUCD(もともと開発手法であるアジャイルの考え方・技法を、デザインプロセスやUX設計に応用しようとする動き)の強烈なリーダーです。(めっちゃピンぼけ。。)

Taru

さて、ワークは、「私、〇〇に困っています」というお題で、個人とグループの作業で、ペルソナづくりを行いました。

1)まず個人ワークで「適当に」ペルソナの名前、イラスト、属性、行動特性、「悩みワースト3」を記述。
2)グループでペルソナをマージ
3)実際にその悩みを持った参加者「インフォーマント」へのインタビュー(5分×5人)を実施
4)その発見をもとにペルソナをブラッシュアップ(1匹に絞らなくてもいい)

ワークはここまで。ステレオタイプでいいから「仮説」を作っておいて、ごく短時間に当事者に質問して仮説を検証し、軌道修正をするという方法は、まさしくアジャイル的なスピード感のある手法だと思いました。この方法、すぐに実践できそうです。プラグマティックペルソナに関する他のワークショップレポート等を見ると、最初の仮説づくりで「ドメインエキスパート(その分野の専門家)」による意見をもとにすることで、最初の仮説検証の精度は上がってきそうです。

Pragmatic

ただ、この「プラグマティックペルソナ」は、プロセスそのものがアジャイルでないと意味を持たない手法(全体がウォーターフローだと、ちゃんとしたデータ駆動のペルソナが必要)なので、安易にいつでも使えるわけではない…というところ、注意が必要そうです。

§ アジャイルな契約?

この「プロセスそのものがアジャイルでないと」という点に関係して、次の事例セッション「小さく早くがモットー!」を聞きながら考えたのは、「契約」のことでした。

本業でもお世話になっているシグマコンサルティングの橋本さん(@k1hash)が、「プロフィットシェア」という契約形態(売上がサービスサイトのPVや利益に連動する)にたびたび言及されていました。受託開発で一般的な「請負契約」は、スタート時点で成果物を定めることが、アジャイル的な動きをする上でどうしても制約になります。そこを打破する契約関係が結べればいいのですが…

ちょうど、「次のアジャイルソフトウェアプロジェクトに使える10の契約」というエントリーを発見しました。やはり一定期間、稼働量ベースで請求ができる契約を結ぶことができれば、定期的にリリースを続ける方式のプロジェクト運営ができるのかもしれません。「アジャイルな契約」の形はまだよくわからないのですが、避けては通れないテーマだと改めて感じました。

Related Links

+ 運営によるオフィシャルレポート
+ togetter
+ アジャイルな契約に関するエントリー

コメントを残す