Pages Navigation Menu

For Creative Communication

今週末の旅行先をオススメしてくれる”Escape Flight”のスゴいところ

th_ef7

こんなに「迷いのない」旅行案内サイトは初めてです。
ギャラリーサイト”Awwwards“が選ぶ、2013年3月のSite Of The Month(月間大賞)、”Escape Flight“を、少し詳しく紹介します。

Escape Flight = 都市からの脱出

Escape Flightは「フライト検索サービス」です。出発地とさまざまな条件から、飛行機の予約につなげる、いわば楽天トラベルのような種類のサイトなんですが、実は「行き先」から「行き帰りの便」まで、選んでおすすめしてくれるんです。

ef1

▲このような検索画面で、黒字のところをクリックすると、選択肢が出てきます。

ef2

▲出発地、期間(This weekend「今週末」とかざっくり指定できる)、旅のキーワード(文化、食、アウトドアなど)をいくつか設定して検索すると、

th_ef3

▲おすすめ順にいくつかの「行き先候補」が表示されます。
この中から行き先を選択すると、次のような、長ーい「行き先詳細」ページが出現。

th_ef4

コア・コンテンツの圧倒的な質で勝負

これ、100都市以上の行き先ごとに全て、テーマ別に写真と紹介文がついているんです。

ものすごいコンテンツのクオリティです。

1都市1都市、共通のテーマごとに紹介文を整理して、最高の写真を選んで、共通のフォーマット(本文の分量もほぼぴったり100words?)に揃うように編集する…。実は気の遠くなるような作り込みのプロセスだと思います。サイトトップや「行き先候補」画面に使う高解像度の写真もそれぞれ必要だし、考えないといけないことは山ほど…。

「チケット予約」がゴールの旅行マーケティングサイトですから、「旅先」の情報こそがサイトの中心価値です。Escape Flightは、そのコア・コンテンツに惜しみなく注力していることが伺えました。

Awwwardsの評点を見ると、ユーザビリティのスコアが若干落ちて8点を切るものの、コンテンツが8.71と高評価!(8人の評価平均点で、そうそう8を越えません)
見た目のデザインだけでなく、本当にしっかり「中身」を作り込んでこその、納得感のあるユーザー体験だと感じました。

ef6

「オススメしてくれる」体験

「体験」の面では、旅行案内のサイトなのに、自分で選ばなければいけない項目が本当に少なく、あとは「勝手に決めて教えてくれる」というのが非常にユニークです。

選択肢が多すぎて選べない「決定回避の法則」をしばしば耳にしますが、フライトが1日何本もあれば、どの時間がいいのか迷ってしまうし、行き先だってフラットに何十個も並んでいたら、どこにも行く気がしない。Escape Flightは、「金夜出発、日曜戻り」のルールに、あとはサイトの「勝手な」判断で、選択肢を絞り、重み付けをしてくれることが、本質的な提供価値なのかなと感じました。

「天気」は、天気情報サービスの”Weather Underground”のデータを利用していて、「最も天気のいい行き先(Sunniest Destination」のおすすめなんかも出してくれます。

th_ef5

最後は”Check Flights”ボタンから、最終的にはlastminute.comに転送され、そこでチケットを予約して完了。2013年3月のリリースから1ヶ月、いまは出発地にロンドンしか選べませんが、”Tokyo”もリクエストしておきました。

“B-Reel”のシンプルで一貫したコンセプト

このプロジェクトをリードしたのは、アムステルダムやロンドンなど欧米5都市に拠点を置くクリエイティブエージェンシー、B-Reel彼らのブログの一節をご紹介します。

Sometimes, after a long busy week, all you want is to get away for the weekend to somewhere nice and sunny. But it can be hard to find the right solution in the online flight search jungle: Where should I go? What is the most convenient place? What events are happening? You can spend hours clicking through flight search websites and compare hundreds of different flight options without finding a good solution. Frustrating, isn’t it?

So we came up with the idea of Escape Flight, a one-stop provider that focuses on making your weekend getaway a no-brainer.

(忙しい1週間を終えて、週末はどこか素敵なところに行きたいと思うことがあります。でも、オンラインのフライト検索を使って「どこへ行ったらいいか」を決めるのは難しい——何時間もWebであれこれ比較しても決められないなんて面倒でしょう?だから、Escape Flightという、ワンストップで簡単に週末の計画を立てられるサイトのアイデアにたどり着きました)

(中略)

All you have to do is to set your preferences, and then our algorithm will do the rest: We combine timings, price, weather and your preferences in a super-computer, and filter only the good bits.

(「優先したいもの」を選ぶだけで、あとはアルゴリズムにおまかせ。時間、費用、天気と「優先したいもの」をあわせて、いいものだけを抽出します。)

このサイトでちょっと遊んでみるだけで、ちょっと旅の入り口に立つようなワクワク感を感じられる、本当に素敵なサイトです。2013年の”Site Of The Year”の有力株かも?ワールドワイドにデジタル、広告、プロダクトなどを手がけるB-Reelは他にも、SXSWで話題になったGoogle Glassのサイトなどを手がけています。

★ ★ ★

こういう「いいサイト」の情報は、Facebookのフィードに流れるサムネイルを見るだけではなく、1分でも実際に「サイトを開いて、触って、使ってみる」ことをお勧めします!(ふと気づくと1分が1時間になっていたりするわけですが)

よいデザインは、自分自身の体験の質で「腹落ち」する。このエントリーのように「思わず深く理解して、言語化して、人に伝えたくなる」ような衝動を生み出すデザインを、目標のひとつに加えます。

元記事:Site of the Month March 2013: Escape Flight (Awwwards blog)

コメントを残す