Pages Navigation Menu

For Creative Communication

年間レビュー KYOTO 2013-2014

昨年に引き続き、年間レビューです。今年も、楽しい1年でした。

sae

冴映も元気に3歳間近になりました。

何がうまくいったか:RHYTHM

Webディレクターとして

ロフトワークにジョインしてちょうど2年、だいぶ仕事がうまく回るようになってきました。この2年間は、本当にクライアントにも恵まれ、「受託」でありながら、本当に面白い仕事ばかりさせてもらいました。公開された事例は2012年の仕事含め5件:神戸レザークロス津田塾大学金沢星稜大学日本紐釦貿易アミタ。(年始早々にもう1件載ります。しかしどれも似たような顔をしている。。)

良質なデザインを大量に見ないとデザインの品質が上がらない、ということでAwwwardsを研究したりしながら、苦しい試行錯誤の日々です。夏頃は週1.5回ぐらいの頻度で東京出張していたのですが、10月からはすっかり大阪・御堂筋線担当(新大阪〜淀屋橋間にプロジェクトが密集している)で、移動の負担も少なくなりました。

ロフトワークは人がだいぶ減ったり増えたりしていますが、個性的な同僚がどんどん力を伸ばしていて、いい緊張感があります。最近はフリーランスより、組織所属の恩恵の方が遥かに大きいと感じていて、ちょっと長居できそうな気がしています。

▼2014の動画版会社案内(なのか?)。これを指揮したディレクターのキャラがまた濃い。

父として

今年から9:00-18:00の「ズレ勤」にしてもらって、19時に帰る⇒ごはん食べる⇒娘のお風呂と寝かしつけに参加⇒21時ぐらいから仕事⇒23時半だったり25時だったり、、というリズムが、特に12月はうまく回っています。(ちょっと時間足りないがなんとかなっている。。)

週末も、仕事は夜に固めて、昼間はだいたい子どもと遊ぶ時間にしています。ペーパードライバー講習を受けて車の運転を再習得したので、レンタカーで雲ヶ畑に行ったり、京北に行ったり、城陽に行ったりと、行動範囲が広がったのも嬉しい。

秋は保育園の「バザー実行委員会」に、会計担当として本格参加。保護者会コミュニティにいろいろなアイデアの還元ができました。【参考記事】

ゲーマーとして、音楽好きとして

実はいろいろとiPhone・iPadでゲームをしています。(いつやってるの、と言われますが)
バハ、パズドラ、CoCなど一通りどっぷり遊びつつ、今年の当たりは「音ゲー」。

文句なしに大好きな、台湾Rayarc社の「Cytus」。

Cytusの収録曲は、DTM業界?で非常に人気のあるクリエイターがピックアップされていて、削除(@sakuzyo_skz)氏の作品とか、音源を買って何回も聞いています。

Cytusに触発されて、一度飽きて放っていたタイトーの「Groove Coaster Zero」も復活(アーケード版も出たので時折河原町のワンダータワーに寄ってる)。

さらに、Groove Coasterに収録されていた「千本桜」を端緒に、初音ミク・IA・GUMIら「ボーカロイド」の名曲たちをニコ動で続々聞きまくるという新しい趣味も発生。

じん(自然の敵P)氏の技巧的なギター&ベースにやられたり。派生して「弾いてみた」のクオリティに刮目したり。(三条のJEUGIAにバンド譜売ってた。。ボカロって普通の一ジャンルなのね。。)

この年末休みも実家で寝込みながら新しい人気曲を延々聞いたりしています。

さらにChordwikiでコード進行を調べていたら、一念発起でピアノコード覚えてジャズピアノが弾きたい、、というのは、ちょっと挫折して来年に持ち越し。

何がうまくいかなかったか:WRITING & TALKING

ブログ

今年の執筆記事は本記事を入れて15本。。昨年の20本から25%減であります。

何かの折に3時間ぐらい掛けてがーっと書くスタイルで、随分本数が減ってしまいました。ファシリテーション関連のテーマでいろいろ書きためようと思ったのにできず。。
(ファシリテーションの話は特に言語化が難しい)

「書くこと」は人生のテーマでありながら、去年も「うまくいかなかった」に挙がっている。まあ、来年は気張らずちっちゃく書く形にシフトしたいと思います。Markdownで書くようになって、「構造的に書く」ことと「書き追えてから公開まで」のスピードは格段に上がりました。

アクセスは、TOEIC SWネタ、Asanaネタ、比叡山などSEOで強いやつがコンスタントに来ています。「誰も書いてないことをちらっと書く」のは楽しいです。

ga

伝承

今年のテーマだった「リズムと伝承」のうち、伝承=スキルや知識を他の人に伝えることは、全くできていないというか、とても難しいテーマだと思っています。そもそも体制的に弟子みたいな人はいないわけだし、誰ともなく文章を書いたところで、、と思うと筆も鈍りますが、これはめげずに続けるしかない。

ネットワーキング

TEDxKyotoに参加して、コミュニティ運営もいいなーと思いつつ、なるべく家にいようと思うと、飲み会ひとつ敷居が上がってしまって、なかなか外に出る機会がありません。(趣味含めすっかり内向的になってしまった)

この問題どうしようかなー

目標設定:2014年は「本業を悔いなく」

20代最後の1年になる2014年は……、あまり細かい目標を立てず、「本業を悔いなく完遂する」ことに全力を注ごうと考えています。

ちょうどロフトワーク3年目の節目の年でもあり、コードネーム「ケアルラ」と「タンゴ」という大阪での大規模プロジェクトが2件控えています。優れたデザインを楽しくつくり、顧客・パートナーと丁寧にコミュニケーションし、きっちりドキュメントを書いて移行し、ビジネスでの結果を残すこと。

ボスからは烏丸らしい新しい取り組みを、といつも発破をかけられますが、いま一番「燃えるチャレンジ」である、Web構築PM・クリエイティブディレクションの仕事の中で出会う「偶然(serendipity)」を大切にしていきたいです。順調にいけば夏にはプロジェクトが一段落するので、その先は前半6ヶ月で出会った「偶然」をじっくり育てていくために、予定を空けておこうかな。ブログは、小ネタをちょっとずつ出していく感じで行きたいと思います。

参考:2012年の年間レビュー (3) 目標をたてずに目標をクリアしてゆく by Lifehacking.jp
http://lifehacking.jp/2012/12/annual-review-2012-3/

コメントを残す