Pages Navigation Menu

For Creative Communication

The Best 365 Websites around the World – 2013

Awwwardsの本を買いました。
The Best 365 Websites around the World – 2013

awwwardsbook2

内容を紹介しようと思ったら公式動画で言い尽くされていた。内容は Site Of The Day の目録です。

awwwardsbook1

キャプチャだけでは全然中身は分からないので、「そのサイトを見たことあるか?」で価値が変わってきそうです。しかも、キャプチャに見覚えがあるだけではなくて、実際にそのサイトを訪れて、コンテンツやインタラクションを少しでも味わっているかどうか

知っているサイトは、キャプチャをみただけで「あー、あのぐりぐり動くサイトね!」とか、「キャプチャは○○の画面だけど、△△のページのコンテンツがいいんだよね!」とか、『体験』を思い出せる。知っているサイトが多いほど、俯瞰する価値が高まります(サイトでは15件ごとしか見えない)。

つまり、「日々アンテナ貼って、キャプチャ撮るだけじゃなくてちゃんとサイト見ておくといろいろ捗るよ!」ということです。

29ユーロ(約4000円)で、書籍と、iPad用のPDFと、「ARを利用したインタラクティブアプリ」とやらがついてきます。指示に従って”PointCloud”という読み取りアプリをインストールし、書籍内の画像にカメラを合わせると、追加コンテンツが出てくるのですが…

awwwardsbook3

内容は、”Site Of The Month” 各作品の関連動画を表示するのと、Case Studyのコンテンツは準備中だったので、まあ、そんなに超期待するものでもないかな…と(気がついていないだけかも…)。
それから、Jury(審議会)メンバーの顔ぶれとプロフィール、そこに出てくるデジタルエージェンシーの名前、その社名がどのくらい賞を取っているか(頻出か)、、とかも、読んでみると面白いです。あまり国内では名前が流通していないような、腕のいいエージェンシーがたくさん登場します。

紙の本とPDFでざっと眺めるだけでも、Webディレクターとデザイナーには、十分楽しい1冊だと思います!

  • http://book.awwwards.com/

コメントを残す