Pages Navigation Menu

For Creative Communication

時間管理toggl.comのCEO、Alariさんと京都で会う

2015年10月6日、時間管理ツールtoggl.comのCEO、Alari Ahoさんが、北欧エストニアからはるばるロフトワーク京都に遊びに来てくれました!

IMG_5085

今回の来訪は、2013年秋から続いている「ユーザーを訪ねる旅」の一環。日本はアジアで初めての訪問先で、実は全世界で5番目に多い(アメリカが最多で、欧米以外の非英語圏としては圧倒的一位)とのこと。神戸、京都、東京、名古屋と、計9件のアポイントをこなしたということです。

WHY DO WE FLY OUT TO MEET OUR CLIENTS?

WHY DO WE FLY OUT TO MEET OUR CLIENTS?

ロフトワークはちょうど10月からtogglの「全社導入」を試し始めたところで、活用度がぐっと上がっています。開発系のパートナー企業でも、きっちり工数計測している会社もあり、案外身の回りの多くの人が使っているのかも!

※ちなみにこの訪問は、いわゆるBCC一斉送信的なメールを皮切りに実現しました(下図)。こういうの反応するの物好きだよなーと思いつつ、たとえばアメリカではすごく反応が良い(みんな「いいよーいつ来るー?」的な反応)けど、日本は全然反応が無くて苦労したそう。自分もこのあと「2通目」のプッシュメールが来た時に気づいて反応しました。「2通目」って、わりと大事です。

alarimail

話したこと

  • ふだんの使い方、ログの状況を紹介
  • アジアマーケット、特に日本はtogglのビジネスとしても非常にポテンシャルがある
  • 日本で広く使われるにはUIの翻訳が必要かもね(シンプルな言葉しか使っていないし、入力データは日本語も通るから軽いかも)
  • なぜ日本にはユーザーが多いんだろう? ⇒Lifehack文脈でいっぱい紹介されたから?勤勉だから?(スペインやイタリアにはユーザーがすごく少ないらしいw)
  • ユーザーコミュニティやMeetupがまだない ⇒つくれるかも?

参考リンク

コメントを残す